雇用の需給バランス

ブラック企業が社会問題になり
個人的には良い流れではないかと思います
 

従業員は正社員もアルバイト・パートも経営者の為に働いているわけではなく
あくまでも労働力を提供しその対価を会社から貰っているわけです
 

会社はやはり社会的責任があるのが当然で
経営者が私利私欲のため罵詈雑言を浴びせ、働かせられるだけ働かせる
のはやはり社会において存在する意味はないと私は思います
 

そんな企業はなくても代わりの会社はたくさんあるわけですから
今度、労働局がブラック企業の名前を公表するのは
とても良い事だと思います
 

まず最初の一歩なのでいたらない点があるでしょうが
今後は中小零細企業までその対象を広げ
注意喚起を促すことはとても意義のあることではないでしょうか
 

日本は性善説を前提にしていますが
今の世の中悪い奴らがゴマンといるわけですから
悪い奴らが得をするそんな風潮は絶対蔓延らせてはいけません
 

正社員だけではなく学生のアルバイトも
ブラック企業でバイトをし無理矢理シフトを入れられ
授業に行けないとか言われ問題になっていますが
 

やはりそれは地方に多いケースなのではないでしょうか
都心では人手不足の為、時給は以前に比べ上がっていますし
アルバイトの求人広告も増えているようです
都心ではそんな無理をさせるとすぐに辞めて来なくなってしまうでしょうから
どうしても雇用はバランスですから
地方のアルバイト先がなくてでも働かなくてはいけない
苦学生に皺寄せがいってるのでしょう

 
アルバイトの求人まとめて探せるジョブウォーカー